★★仮想通貨は知れば知るほど「ヤバい!ヤバすぎる!」★★

仮想通貨

★★仮想通貨は知れば知るほど「ヤバい!ヤバすぎる!」★★
  • 指先一本で成り上がる世にも奇妙な稼ぎの仕組みとは?
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

あなたは、仮想通と聞いて何を連想しますか?

怪しい!

ヤバい!

良く解らないからうさん臭い!

出典 http://www2.sokanet.jp


本当に日本人で仮想通貨のことが

解ってない方が沢山いますよね。

実は私もその一人なんですから(;^_^A アセアセ・・・


でも先日仮想通貨に関して聞く機会があり、

その後自分なりに調べたことを書いていきますね。

では本題に入ります。

仮想通貨とは

「仮想」の「通貨」です。まず、「通貨」ということからも、お金です。

円やドルというように、「お金」であることには変わりありません。

「お金」なので、円やドルのように通貨の単位が存在します。

しかし、「仮想」ということから分かる通り、円やドルとは違って、手にとって目に見える姿形が存在しません。

出典 http://bitflyer.jp

なるほど!お金なんですね!(-_-)ウーム

一般的な仮想通貨の例

仮想通貨としてイメージしやすいのは、オンラインゲーム内の通貨です。

円やドルを支払って、ゲーム内で使われている通貨を手に入れれば、そのゲーム内で使われている通貨が「使える」ゲーム内のお店で、アイテムを買うことができます。

ゲーム内でのみ使える、仮想の通貨です。

さて、いま仮想通貨といえばビットコインが有名ですよね。

出典 http://bitflyer.jp

?c(゚.゚*)エート。。。 解ったようなわからないような???

ではビットコインとは?

ビットコインは、国家単位で運営されている円やドルと同じく、経済活動を円滑に進めるために作られた仮想通貨なのです。

ビットコインは、世界中で日常生活に「使える」ようにすることを目指して作られています。

仮想の通貨なので紙幣や硬貨は存在しませんが、代わりにパソコンやスマートフォンをお財布代わりにして、物の売買が実現できるようにつくられています。

まだまだ発展途上ではありますが、円やドル以上に利便性が高く、安定し、世界中で利用できる次世代の通貨をめざして作られた仮想通貨なのです。


出典 http://bitflyer.jp

ん?( ̄-  ̄ )

じゃぁ、電子マネーと一緒なの?

電子マネーとは

紙幣や硬貨を使わないで、電子的に(=データのやりとりで)決済を実現する手段の事です。

オンラインで決済を実行するタイプもあれば、最近主力になりつつある非接触型の決済方法もあります。

電車に乗るときや、コンビニでの支払いに利用するものです。

出典 http://bitflyer.jp

だよね!(゚ペ)?

ではビットコインは電子マネーなのか

ビットコインを説明する際に、電子マネーであると説明するのは強引です。

現在一般的に利用されている電子マネーは、基本的にはその地域で使われている通貨を使って電子的に決済を行うために存在しています。

日本国内の例であれば、円での支払いをより便利にするために、円の紙幣や硬貨の代わりとして電子マネーが活躍します。

そのため、利用者は所有する円を電子マネーの端末に入金したり、あるいは電子マネーでの支払いの際に利用される銀行口座にお金を入れておくことになります。

紙幣や硬貨を利用せず、電子的に決済を実現していますが、実態としては円という通貨をやりとりしていることには変わりありません。

ビットコインは、何らかの端末に円をチャージするというものではありません。

ビットコインを利用して商品を購入する際には、まず手持ちの円という通貨をビットコインという通貨に両替しなくてはなりません。

円をビットコインに両替してはじめて、ビットコインでの支払いが実行できるのです。

ビットコインは、通貨です。

円やドルと違って仮想ではありますが、通貨です。

電子マネーとは、貨幣を使わないで決済できるようにするしくみのことです。

仮想通貨=電子マネー、ではありません。


出典 http://bitflyer.jp


ご理解いただけましたでしょうか?

再度お聞きします。

仮想通貨と聞いてあなたはどのようなイメージを持たれましたか?


やっぱり多くの人は

怪しい!

出典 http://pairs-match.net


と思っているはずです。

それはなぜ?


それは2014年日本最大のビットコイン取引所の

「マウントゴックス」が破綻したという

ニュースがありましたよね。



そこでほとんどの方が「仮想通貨」

「ビットコイン」というものの

存在を知ったのではないでしょうか?



その時メディアが一斉に報道したのでコレ!」


出典 http://takashi1016.com

「ビットコイン破綻!」


この間違った情報が日本では誤解を生み

一人歩きをしてしまい、多くの方が

「ビットコインはヤバい!」

「仮想通貨はヤバい!」

「仮想通貨は詐欺だ!」


といった間違った認識を身につけてしまったのです。

そのうちの一人に私もいますけどね(笑)


でも事実は違っていました。

では真実はどうなのでしょうか?


多くの方が

「マウントゴックス=ビットコイン=仮想通貨」


みたいに思ってられる方が多いのでは

ないでしょうか。

まず、マウントゴックスとは

簡単に言うと<「仮想通貨の交換取引所」です。

マウントゴックス事件とは、

出典 http://www.truth-inc.com

その仮想通貨の交換取引所が破綻した。

という事件でした。


事件内容は社長の横領による会社運営が

できずに破綻したということです。

出典 http://www.baysia-tokyo.com


ビットコインや仮想通貨が

破綻したわけではありません。


そうやって、

日本が誤解している間にビットコインが

とんでもないことになっていたのです。


それは、ビットコインの価値が

凄く上がっているということです。



詳しくはこちらの動画をどうぞ↓


いかがですか?

少しは誤解が取れましたか?

では、ビットコインの入手方法はどのようにすれば良いのか?

1.ビットコイン販売サイトで購入

(1)ビットコイン交換所

ビットコインと円やドル等の現金の「売り」と「買い」の場を提供する事業者であり、株式取引所をイメージして頂くのが早い。

売り手と買い手の取引量、提示価格によってビットコインの価格は刻々と変化して行き、タイミングによりビットコインを安く買うことも、高く買うこともありうる。

利点としては、株式取引所のようにトレーダーが多く参加しているため、大口のビットコインを捌くことも可能なことである。

顧客は本人確認を行い、取引口座を開設、基本的には銀行送金でビットコイン購入資金となる現金を取引所に送り、相場を見ながら購入していくことになる。

また、反対にビットコインを売り現金化することも可能だ。

日本の交換所では破綻したMt.Gox交換所が有名であるが、現在は「BTCBox」や、日本進出を準備中のアメリカの大手交換所「Kraken」などがある。

利用者はライトユーザーというよりも、相応にビットコインに詳しい人が大多数となり、手間もかかるため、気軽にビットコインを購入したい人は次に示す販売所を利用するとよいだろう。


出典 http://btcnews.jp

2)ビットコイン販売所

交換所のように顧客同士の売り買いのマッチングを行うのではなく、販売所が取引の相手方となり、ビットコインを顧客に販売する形態の事業者だ。

最近はビットコインの健全化のために本人確認を基本的に行う流れであるが、交換所よりも手軽にビットコインを手に入れることができる。

クレジットカード決済や銀行送金により購入可能であり、購入したビットコインを顧客が指定したビットコインアドレスへと販売所が送付する。

販売所は交換所などでビットコインを仕入れ、手数料を上乗せして販売しているので交換所の時価よりも若干価格は高めになる傾向ではあるが、手軽にビットコインを購入できる点が魅力となる。

日本ではペイビット(最近では交換所も運営)や、ビットコインウォレットサービスに加え、直接ビットコインを購入可能なビットバンクウォレットなどがある。


出典 http://btcnews.jp

2.ビットコインATMで購入

ビットコイン購入時にクレジットカードを使いたくないという人にはビットコインATMがオススメの購入手段になるだろう。

現金をATMに投入し、ATMのQRコードリーダーにスマートフォンを翳し、ビットコインウォレットのアドレスを読み込ませると、インターネット経由でビットコインウォレット宛にビットコインが届く仕組みとなっている。

ビットコインATMも健全化のために本人確認を行う流れであり、利用の際には免許証などの本人確認書類をATMのスキャナーに読み込ませる必要がある。

出典 http://btcnews.jp

3.直接持っている人から譲ってもらう

ビットコインは個人間でも簡単に取引が可能なため、ビットコインを持っている人から譲ってもらうという方法も選択肢のひとつとなる。

未だメジャーな決済手段として浸透していないため、誰もがビットコインを保有しているわけではないが、ビットコインファンの集まるミートアップなどで声をかけると譲ってもらえることも多い。

価格はその時の時価が基準にはなるが、人によって異なるため交渉次第となる。

東京での代表的なミートアップとしては、東京ビットコイン会議がある。

受け渡しは双方の合意の上で、スマートフォンにインストールしたビットコインウォレットのアドレスを提示し、ウォレットのQRコードスキャナーで読み取り(あるいは手動でアドレスを入力し)、ビットコインを送付してもらうだけで完了する。

出典 http://btcnews.jp

4.サービスの対価としてビットコインを受け取る 

ビットコインは購入するだけでなく、サービスの対価として受け取るケースもある。

店舗でビットコイン決済を受け入れている場合や、ちょっとした手伝いの対価としてビットコインで報酬を受取ることも考えられる。

特に少額の銀行振込や、海外から送金してもらう場合には、送金手数料が非常に割高になるため、手数料が金額に関わらず数円~数十円程度で済むビットコイン支払いの可能性は大きい。

ビットコインの価格変動リスクについて
報酬の支払いをビットコインで受取る場合などに問題となるのが、ビットコインの価格変動である。

報酬としてビットコインを受取った直後に、ビットコインの価格相場が落ちてしまうと、報酬が目減りしてしまうことになる。

これは、ドルやユーロ建てで報酬を受け取るときも、為替相場の変動で同様に起こり得ることであるが、ビットコインの場合はまだ市場参加者が少ないため、相場の振れ幅が大きくなりやすい問題がある。

この価格変動問題を回避するために、店舗などが支払い時に受け取ったビットコインを即時に換金してあげるサービスも登場している。

ビットコインの即時換金サービスには、世界的にも有名な「BitPay」や「Coinbase」、国内では「Bitbank PAY」、「coincheck」がある。


出典 http://btcnews.jp

最後に

いかがですかいろんな方法でビットコインを

入手できることがお分かりになられましたでしょうか?


では、

ビットコインの入手方法について

一番簡単な方法をお教えします。

知りたい方は下記のタイトルしてください。
     ↓ ↓ ↓

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
1
  • 指先一本で成り上がる世にも奇妙な稼ぎの仕組みとは?
  • 今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?
今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?

関連記事

ピックアップ!

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

月別アーカイブ

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!